Best Friend Bag Fair

Best Friend Bag Fair

Best Friend Bag Fair

2015年8月18日に15周年を迎えたラシット。
アニバーサリーイヤーの今年、パリで人気のイラストレーターKanakoによるイラストレーションキャンペーンがスタートしました。
ハッピーな世界観が魅力のKanakoのイラスト、そのコラボレーションをご紹介します!

Special interview Kanako

パリジェンヌが愛する、彼女の描くキュートな世界とは

Kanakoはパリジェンヌに人気のイラストレーター。
パリの超人気情報サイト、「My Little Paris」の挿絵を手がける彼女が、このたびラシットとコラボし、シーズンヴィジュアルを手掛けることに。
おしゃれなパリのエスプリ漂うイラストと自身の魅力を探りに、素敵なオフィスでインタビュー。

『My Little Paris』のオフィスでのKanako。かつてのアパルトマンをそのまま使っているので、キッチンやテラスがあり、寛いだ空間で仕事をしている。

“忙しくて疲れていても、バッグひとつで気分が明るく変わる。
持つ人が元気になってくれたらという想いを込めてイラストを描きました”

おしゃれで溌らつとしたパリジェンヌやちょっとしたパリの日常を軽やかに描くKanako。『マイ・リトル・パリ』のオフィス内にも彼女の絵がそこかしこに見られる。彼女のタッチはいかにもパリっぽい。パリに大きな憧れを抱き続けて渡仏したのかと思いきや、意外にも、そうではなかったという。

「言葉が通じない国で、ひとりで頑張ってみたいと思ったんです。イラストレーターというのはどこにいてもできる仕事なので、最初は軽い気持ちでした。文化が豊かで食べ物がおいしいところ、という基準でたまたま辿りついたのがパリだった、という感じだったんです」。

住み始めてからしばらくは、それまで通り日本のクライアントの仕事を続けていたが、あるとき、友人のアトリエでイラストを披露する機会があり、Kanakoの絵が偶然にも、現社長ファニーの妹であり現『マイ・リトル・パリ』編集長のアマンディーヌの目に止まった。彼女の絵に共感を抱いたアマンディーヌは、当時ウェブサイト立ち上げのためにイラストレーターを探していたファニーに紹介し、『マイ・リトル・パリ』の発足スタッフとしてKanakoが加わることになった。

「インターネットという流れの速い世界で頂いたオファー。当初はギャランティーもなかったし、この先どうなるかわからず、保証がある訳でもないので、周囲の人からは止めた方がいいと言われました。でも、自分の作品を発表する機会が与えられる、ということが純粋に嬉しくてお引き受けすることにしたんです」。

このサイトは立ち上がりと同時に破竹の勢いで人気となり、購読者を続々増やし、ついにパリのトップサイトとなっていく。

「成功すると確信していなかったので、初めて購読者が5千人になったときは、“これはすごいことになった”と思いました」。

いまやフランス国内での『マイ・リトル・パリ』のニュースレター購読者は150万人を超え、関連の『マイ・リトル・ボックス』の購買者は10万人を数える。サイトが好評を博したのはKanakoのイラストの魅力に負うところが少なくない。ヴィヴィットに日常を描き、楽しい印象を残すイラストは人々のハートを強く引き付けた。

「『プチ・ニコラ』の挿絵を描いていたジャン=ジャック・サンペ、『ムーミン』のトーベ・ヤンソンが好きです。ジャン・コクトーやピカソの線描画にも影響を受けました」。

Kanakoの描く世界が、おしゃれでありながら、どこかレトロな懐かしさを漂わせているのは、そのせいなのかもしれない。2013年にはパリ市とのコラボレーションで、エクスポジション『レ・パリジャン』を市内約1000ヶ所の広告塔で展開。パリの住人たちをユーモラスに描いて話題となった。日本人が描くパリジャンの姿を、パリの人々が好意を持って受け入れたのも、サンペらの絵と共通する感性があったからだろう。
『マイ・リトル・パリ』での制作は、まず明確なテーマと具体的な指示があり、下書きをしてOKがでたら、色を塗るという慎重な工程で進められる。

「ちゃんと目的があって、制限がある中で制作をする方が、私には逆に励みになるんです。いかに工夫して相手のリクエストに応えていくのか。そういう制作上の進め方も楽しく、嬉しくて」。

イラストレーションへのこだわりは細部に渡る。

「たとえば、女性が着ている服が今の気分を表しているものだったり、表情が豊かだったり……。ひとりとして同じ人がいないように、ちょっとした状況を絵に注ぎ込むことで、空気感と現実味が生まれるのだと感じています」。

ふらりと偶然パリへやってきて、大きく運命が変わった彼女。Kanakoがパリを選んだのではなく、パリの街と人々がKanakoを選んで、描かせた、そう思わずにいられない。
パリに愛されるそんなKanakoにラシットが注目し、今回、イメージ・ビジュアルの協力を依頼した。懐かしく温もりがあり、日常に寄り添う究極の定番であるラシットのバッグと、Kanakoのイラストの相性は最高だ。

「ラシットのバッグは以前見た事がありましたが、実際に使ってみると、持ちやすくて快適。不思議なところにポケットがついていて、それが携帯電話や地下鉄の定期券を入れるのにちょうどよかったりするんです」。

職業柄、画材やパソコンなどさまざまなアイテムをバッグに入れて移動をするため、以前は布バッグを使用していたそう。

「でも、シックなラシットのバッグを持って、気分が一新しました。忙しくて疲れていてもバッグひとつで気分が明るく変わる、そんなバッグを持って女性たちが元気になってくれたらという思いを込めてイラストを描きました」。

ワクワクをくれるラシットのバッグとKanakoのイラストで、きっと毎日に華やぎがもたらされるに違いない。

※転載元:MORE特別編集ブランドMOOK「russet 2015-2016 Autumn&Winter」(集英社)

  • テーマごとに素敵なグッズが詰まっている『My Little Box』。
  • 『My Little Paris』からは書籍も続々刊行している。最新刊はキュートな塗り絵!
  • 「My Little Paris」のオフィス。“クリエイティブな環境でないといいアイデアが浮かばない”という社長であるファニーの意向で、アパルトマンをそのまま利用して仕事場にしている。
  • テーマに合わせデッサンを描き、ファニーやクライアントの承認を得てから色を塗っていくKanako。
  • 「My Little Paris」のイベントのためにKanakoが描いた参加者の似顔絵が会議室に貼られて。
  • ファニーの社長室に向かう廊下には額に入れられたKanakoのイラストが大切に掲示されている。横には昔のタイプライターなどが飾られている。
  • ファニーの部屋から見える素晴らしいサクレクール寺院の眺め。Kanakoはこの眺めが大好きで、見るたびに心和むという。

Profile

パリを拠点に活躍する日本人イラストレーター、Kanako。
パリの大人気ウェブサイト『My Little Paris』のただ一人のイラストレーターとして、すべてのイラストを手がけ、ユーザーの心をすっかり虜にしています。
おしゃれでチャーミングのパリジェンヌ、ユーモラスなパリジャン…彼らが住むパリの街とその空気を、軽やかなタッチとさわやかな色彩で描きあげたイラストが話題を呼び、2013年には、パリ市とコラボレートした展示会“LES PARISIENS”で、街中をギャラリーとした約1,000ヶ所の広告塔にエスプリのきいた作品が飾られました!
日本でも、My Little Boxをはじめ、さまざまなジャンルで注目を集めているイラストレーターです。

Kanakoのイラストも多数掲載のラシットブランドブックは、こちらからチェック!

Kanako×russet Interview MOVIE

My Little Box のオフィスで行われたKanakoのインタビュー模様が動画でもご覧いただけます。
今回のコラボレーションや、My Little Parisへの想いなど。ぜひご視聴ください。

WALLPAPER DOWNLOAD

ハッピーになれるKanakoのイラストがスマホ待ち受け画像とPC壁紙カレンダーとしてダウンロードできます。
毎月27日に新しく変わるKanakoのイラスト。
今月のイラストは「ベストフレンド」をテーマに描いて頂きました!

Kanako×russet Special Illustration Campaign

- 大阪梅田にラシットの巨大カタログが登場! -

阪急梅田駅コンコース1階に全長43mの巨大カタログが登場!
ぜひスペシャルサイズのカタログをご覧ください!
そしてカタログをご覧頂いたあとは、阪急うめだ店、梅田阪神店へお越しくださいませ。
掲出期間は、9月7日(月)~13日(日)の一週間です。

Access

  • ・阪急「梅田」駅から徒歩約3分
  • ・阪神「梅田」駅から徒歩約3分
  • ・JR「大阪」駅から徒歩約4分
  • ・地下鉄御堂筋線「梅田」駅から徒歩約2分
  • ・地下鉄谷町線「東梅田」駅から徒歩約2分
  • ・地下鉄四つ橋線「西梅田」駅から徒歩約6分
  • ・JR東西線「北新地」駅から徒歩約8分

- ラシットスペシャルCM放映中! -

さらに関東では、東京メトロ・東急電鉄の車両内ビジョンにイラストが動くスペシャルCMが登場!
車両内で放映のスペシャルCMは、こちらからもご覧いただけます。
可愛く動くイラストをぜひ、ご覧くださいませ!
放映期間は、9月7日(月)~13日(日)の一週間です。

- Twitter Present Campaign -

9月7日(月)から公開のスペシャルCMと合わせて、ラシットの新作バッグが抽選で当たるクイズキャンペーンを開催します。
CMで公開中の15秒のラシットスペシャルムービーをご覧頂き、
下記の出題クイズに答えて、Twitterからご応募頂いた方の中から抽選で5名様にラシットの新作バッグをプレゼント!

クイズ出題

15秒のスペシャルムービーの
最後に出てくるメッセージは?

ヒント:「○○○のときより、○○○らしい。」

プレゼント賞品
レザーハンドルトートバッグ 5名様分
※カラーはお選び頂けません。ご了承ください。
応募要項
期間:2015年9月7日(月)~13日(日)
応募方法:下記をご参照ください。
・本キャンペーンは、Twitterを使用したキャンペーンです。Twitterのアカウントをお持ちでないお客様はTwitterのアカウントを取得の上、ご参加ください。
・ご当選されたお客様には、Twitterのダイレクトメッセージよりご連絡させて頂きます。
・Twitterのフォローを外されますとご当選のダイレクトメッセージがお送りできませんので、ご注意ください。
・当選通知後、一週間以内にご返信のない場合は、当選無効となります。
クイズ出題
15秒のスペシャルムービーの最後に出てくるメッセージは?
ヒント:「○○○のときより、○○○らしい。」
応募完了までの流れ
  • 1.ラシット公式アカウント「@russet_press」をフォローする。
  • 2.クイズの答えとハッシュタグ「#russet_BFB」を付けてツイートする。
  • 3.応募完了!
  • 1.ラシット公式アカウント「@russet_press」をフォローする。
  • 2.クイズの答えとハッシュタグ「#russet_BFB」を付けてツイートする。
  • 3.応募完了!

今すぐムービーをチェックしてご参加くださいませ。沢山のご応募お待ちしております。

russet 2015A/W NEW ARRIVAL

9月9日(水)よりラシットの店頭には、新作アイテムが多数入荷します。
PAL CLOSETでは、本日9月7日(月)12時より、ブランドブックで矢野未希子さんも持っているバッグを先行予約いたします。
イラストにも描かれている、今シーズンイチオシの軽量トートバッグです。

※転載元:MORE特別編集ブランドMOOK「russet 2015-2016 Autumn&Winter」(集英社)